やげんぼりグループ店舗一覧

やげんぼりのこだわり

  • やげんぼりのこだわり
  • こだわりの野菜
  • こだわりの魚
  • こだわりの調味料
  • こだわりの飲み物
  • こだわりの器

こだわりのイメージ

こだわりの器

懐石料理は、目で驚いて、鼻で感じ 、舌で楽しむと
良く言われます。目で驚くというのは、
料理・素材だけでなく器自身もその一つに入れられます。
やげんぼりグループでは、それぞれの季節や料理に合わせて器を選び、
お客様に楽しんでいただいています。

器イメージ

漆器や陶器、京都で育まれた匠の技が光ます。

京焼・清水焼窯元として、技の継承と若手発掘に力を入れる平野屋さん。

やげんぼりグループとは、昔からのお付き合いをさせていただいている京都・五条坂にある「平野屋」さん。 京都の料理屋を中心に、お客様をおもてなしする四季折々の器を創作されています。また、京焼・清水焼窯元として、「伝統陶芸」の未来に向けた技の継承と、「創作陶芸」を目指す若手作家の発掘と創作活動を支援されています。そして、当グループ店でも、色々と料理を創作するにあたり、希望を伝え器を創作してもらっております。

平野屋さん

洛北・花脊にて全ての行程を自ら行う、漆器作家・川勝英十津さん。

漆器作家の川勝 英十津さんとも長らくお世話になっております。当グループで一番新しい・六本木にある「花かんざし」でもお世話になりました。京都の洛北・花脊にて木取りから上塗りまでの工程を全て自らの手で行われています。そのため、木地をひく事から相談にのってもらえるので、「今度のお椀は、こんな型にして、こんな色に仕上げてください」とお願いし、何時も思い通り以上の作品を作っていただいています。

漆器作家・川勝英十津さん

京都・美山の工房から、特別な存在の器を届ける「工房・風舎」さん。

次にご紹介するのが、ガラス食器をお願いしている「工房・風舎」の早崎さんです。京都・美山に工房を持たれ、多くの特徴ある作品を作られています。「毎日の暮らしの中で自然に溶け込み、それでいてどこか特別な存在・そんな器であってほしい…。」と願いながらひとつひとつ心を込めて吹き上げされているそうです。

工房・風舎

やげんぼりとクリフトン・カーフ

京都の歳時記

やげんぼりのこだわり

周辺観光案内

出前、ご進物に

このページのトップへ