やげんぼりグループ店舗一覧

やげんぼりのこだわり

  • やげんぼりのこだわり
  • こだわりの野菜
  • こだわりの魚
  • こだわりの調味料
  • こだわりの飲み物
  • こだわりの器

こだわりのイメージ

こだわりの飲み物

当グループでは、オリジナルの日本酒・ワインの他
各店の女将や料理長が試飲し、
これぞと思うお酒を各店においております。

飲み物イメージ

老舗酒造メーカーの確かな技から生まれた名酒を揃えています。

高級酒米と高度な技術、並行複発酵で作る本物の純米酒にこだわる酒造り。

寛政三年(1791)年、初代松本治兵衛により、現在の京都市東山区の地で始まった松本酒造。大正11年の七代治平の頃に、伏見の地にて製造場を増設されました。伏見の地は、古くから「伏水」と書かれたほど酒造りに最適な地下水が豊富に湧き出る地です。そのため多くの酒造会社がある場所です。特に、この松本酒造の建物は、一際目を惹く建物で多くのテレビ・映画にも移されている事でも有名です。

松本酒造では、原料となる米に最大の注意を払い、良い米、そしてそこから造られる良い蒸し米、“米へのこだわり”が松本酒造の酒造りの基本となります。

松本酒造

酒造好適米を55%まで磨いた、魚沼・青木酒造さんの「純米吟醸 鶴齢」。

雪深い魚沼の地にある青木酒造は、銘酒で知られる「鶴齢」を作っています。この多雪が「鶴齢」の味を醸しだす大切な雪です。酒造りを始めたのが江戸時代の享保2年(1717年)という大変古い酒蔵会社の鶴齢の酒は、辛さや飲みやすさだけを求めるのでなく「米本来の旨味を引き出す味わいの酒」として手造りを基本に、杜氏をはじめ蔵人が日々精進されています。新潟の地酒として大変人気のあるお酒です。

青木酒造

鶴齢

全店に置いている「純米吟醸 鶴齢」は、酒造好適米を55%まで磨き手造りにより低温でじっくり仕込まれた純米吟醸です。ほのかな吟醸香と、柔らかい甘みのバランスが良く、米の味わいを引き出しコクのある味を醸しだしています。冷で召し上がれば、飲みやすさとひきしまった味わいを楽しめ、ぬる燗で召し上がればさらにふくらみのある味わいを楽しむ事が出来ます。是非、お試しください。

やげんぼりとクリフトン・カーフ

京都の歳時記

やげんぼりのこだわり

周辺観光案内

出前、ご進物に

このページのトップへ